全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー 2日目

記事のみ印刷 全画面印刷

 宮崎県が主催(本学後援)する「全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー」が11月17,18両日、渋谷キャンパスで開かれています。

 2日目の今日は、新谷尚紀本学文学教授による基調講演ののち、宮崎県高千穂町の野方野集落に伝わる「野方野神楽」の公演が行われました。本学文学部の小川直之教授によると、「野方野神楽」はつま先で舞うとのこと。このためのびやかな舞となる旨の説明があったことから、観客はみな足元によく注目しながら時折掛け声をかけたり、拍子を取ったりしながら見入っていました。

 

イベント(学外者開放型)