全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー

記事のみ印刷 全画面印刷

 宮崎県が主催(本学後援)する「全国神楽シンポジウム2018 ー「神楽学」の可能性ー」が11月17,18両日、渋谷キャンパスで開かれています。初日の今日は、本学文学部の小川直之教授らによる基調講演や討論などが行われ、5000を超えるという全国で継承される神楽について、文化的要素や継承の意義などについて活発な議論がなされました。

 明日は、宮崎県高千穂町の野方野集落に伝わる「野方野神楽」の公演などが行われる予定です。

イベント(学外者開放型)