國學院大學・南開大学院生フォーラム 東アジア文化研究国際シンポジウム

記事のみ印刷 全画面印刷

 本学大学院文学研究科と中国・南開大学外国語学院は、平成28年に研究教育に関する学術協定も締結し、若手研究者や大学院生の交流が盛んに行っています。連携事業の一環として、本日から2日間の日程で「第5回 國學院大學・南開大学院生フォーラム 東アジア文化研究国際シンポジウム」が、渋谷キャンパスで開催されています。

 歓迎のセレモニーでは、赤井益久学長が「両校の交流は年々盛んになっている。日中両国の交流は2000年以上あるが両大学の交流は始まったばかり、これからの学術の世界の将来を発展させると願っている」と中国語で挨拶し、南開大学外国語学院の閻国棟院長は「両校の研究者の学術交流によって友情も深めたい」と応じました。

 シンポジウム初日の今日は、基調講演のほか、大学院生ら若手研究者による研究発表・討論会が行われ、明日も引き続き大学院生による発表が行われます。

イベント(学外者開放型)