日本文化研究所主催シンポジウム「明治期における国学と教派神道・宗教」

記事のみ印刷 全画面印刷

パネルディスカッションの様子 本学研究開発推進機構日本文化研究所主催シンポジウム「明治期における国学と教派神道・宗教」が2月16日午後1時から渋谷キャンパス学術メディアセンター会議室06で行われました。

 同シンポジウムは、研究開発推進機構日本文化研究所における平成27〜29年度の研究事業、「「國學院大學 国学研究プラットフォーム」の展開―明治期の国学・神道関係人物を中心に―」の総括と、神道・国学研究部門(国学プロジェクト)の中間報告を兼ねて開催されたものです。

 まず、中山郁氏(本学教育開発推進機構教授・研究開発推進機構兼担教授)と芹口真結子氏(一橋大学大学院社会学研究科特任講師、本学研究開発推進機構日本文化研究所共同研究員)の発表がありました。その後遠藤潤氏(本学神道文化学部准教授・研究開発推進機構兼担准教授)の司会進行のもと、林淳氏(愛知学院大学文学部教授、本学研究開発推進機構日本文化研究所客員教授)と幡鎌一弘氏(天理大学文学部教授)が加わりパネルディスカッションが行われ、会場に集まった約40人は熱心に耳を傾けていました。

イベント(学外者開放型)