三田国際学園中学校特別講義

記事のみ印刷 全画面印刷

プレゼンテーションの様子 本日、三田国際学園中学3年生11人が本学を訪れ、教職実践演習(担当:高橋大助文学部教授)を履修する学生に対して、特別講義を行いました。

 中学生たちは、中学2年次から同校の文学ゼミに所属し、近現代の作品を読み解いています。今回は村上春樹の小説「パン屋再襲撃」をグループで読み解き、発表の準備をしてきました。

 中学生11人は3グループに分かれて、それぞれの観点から読み解いた「パン屋再襲撃」の解釈について、プレゼンテーションを披露。10分程度のプレゼンテーションが終わると、聴講していた本学学生が、質問を投げかけたり、中学生の発表にアドバイスをしたりしていました。

イベント(学外者開放型)