皇學館大学連携 古事記学研究会

記事のみ印刷 全画面印刷

 文部科学省平成28年度「私立大学研究ブランディング事業」タイプB(世界展開型)「「古事記学」の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育・発信―」の研究事業の一環として「皇學館大学連携 古事記学研究会」が11月19日に渋谷キャンパス3号館3307教室で行われました。研究協定を結ぶ皇學館大学より遠藤慶太氏(文学部准教授)が登壇し、「垂仁紀の祭祀伝承 イニシキイリヒコをめぐって」という題目で発表がありました。

 本学からは谷口雅博氏(古事記学センター長・文学部准教授)、笹生衛氏(神道文化学部教授)がコメンテーターとして登壇し、渡邉卓氏(研究開発推進機構助教)の司会のもと、3時間半にわたって活発な発表と討論が交わされました。約50名の来聴者を迎え、盛会のうちに幕を閉じました。

イベント(学外者開放型)