ミュージアムトーク「日本列島における国家形成と「神道」」

記事のみ印刷 全画面印刷

講師の深澤准教授 本日午後2時から國學院大學博物館で本学准教授の深澤太郎先生によるミュージアムトーク「日本列島における国家形成と「神道」」が行われ、約70人が集まりました。今回のミュージアムトークは、現在國學院大學博物館で行われている企画展「神道の形成と古代祭祀」の関連企画で、全4回の神道講座~古代編~の第2回の講義として行われています。

 深澤准教授は日本国家の形成と神道の関係を「車の両輪のようなもの」と例え、様々な資料を用いて、その関係性について詳しく説明しました。その後、邪馬台国の卑弥呼女王の時代に見られた官僚制のような制度についての話や、「御言わずの島」として知られる沖の島での祭祀の始まりの痕跡などについて話し、集まった大勢の聴講者は真剣に耳を傾けていました。講義後には、本日のミュージアムトークに関連する企画展を興味深く眺める聴講者の姿も多数見られました。

 神道講座~古代編~のミュージアムトークは11月25日(土)と12月2日(土)にも午後2時から國學院大學博物館にて開催が予定されています。事前予約は不要ですので、当日博物館までお越しください。

イベント(学外者開放型)