オープンキャンパス

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日、午前10時からオープンキャンパスが渋谷・たまプラーザ両キャンパスで開催されました。渋谷キャンパスでは文・神道文化・法・経済学部が、たまプラーザキャンパスでは人間開発学部が対象となります。大学説明会をはじめ、学部学科ごとに説明会、AO入試説明会、体験授業などが行われました。参加者は自分の興味や志望に合わせ、複数のイベントに参加できます。6月のオープンキャンパス開催は本学では初めての試みですが、雨が降る中、開場前から多くの参加者が本学を訪れました。

渋谷キャンパス

入試説明会 渋谷キャンパスでは入試説明会が盛況。立ち見も多く出るなか一般入試や公募制自己推薦(AO型)などの主な入試制度について具体的に説明され、参加者はメモをとるなどしながら熱心に聞いていました。

 日本美術史が専門の藤澤紫教授による史学科の体験授業では、実物の浮世絵資料が用意されました。富士山などの描かれた作品から、当時の風俗が垣間見えることがなどが解説されました。

トークショー 学生によるキャンパスツアーやトークショーも人気企画のひとつです。トークショーでは、スライドと軽快なトークを交えキャンパスライフを紹介していました。また参加者が、本学のマスコットキャラクターのこくぴょんと写真を撮る場面もありました。

たまプラーザキャンパス

田沼学部長 たまプラーザキャンパスでは、人間開発学部を志望する受験生を対象に企画が用意されました。開場直後の午前10時15分から開かれた学部説明会では、田沼茂紀人間開発学部長・教授が、登壇し、人間開発学部の学生について「学生・教職員が挨拶を交し合える」などと紹介していました。

田村教授の体験授業 初等教育学科の体験授業は、田村学教授が担当。「これからの社会に求められる学力」をテーマに、グループワークを交えながら45分間の講義が行われました。

 夏のオープンキャンパスは8月4日(金)、5日(土)、27日(日)に両キャンパスで開催されます。事前予約は不要となりますので、ぜひ足をお運びください。

イベント(学外者開放型)