鹿鳴家英楽、國學院で英語落語セミナー

記事のみ印刷 全画面印刷

英楽師匠による実演 本日午後5時から渋谷キャンパス120周年記念1号館1103教室で、鹿鳴家英楽師匠による英語落語セミナーが開催されました。同イベントは、外国語文化学科で平成22年度から行なっている文化発信型英語力開発活動の一環で行なわれました。

 落語では、衣装や小道具、音響に頼ることが少なく、ひとりで何役も演じ、語りや身振り手振りで物語を表現しています。英楽師匠は身振り手振りを行い、何を食べているところか、参加者にクイズを出しました。参加者は表情や仕草から、想像をし回答をしていきました。その後暑い夏にちなみ怪談話として、落語「のっぺらぼう」が英語で披露され、主人公が繰り返し出現するのっぺらぼうに驚愕する場面で笑いが起こっていました。

 セミナーの後半には、英楽師匠の海外での落語セミナーの紹介や、西洋でどのようにジョークを作っているのか解説をしました。時折、実際の参加者同士に実践を促すなどし、会場は大いに盛り上がりました。

 

イベント(学外者開放型)