第13回フォーラム 代官山大学2017

記事のみ印刷 全画面印刷
田原先生ゼミ生による発表 本日午後6時から、第13回フォーラム「代官山大学2017」(主催:NPO法人代官山ステキ総合研究所)が、代官山ヒルサイドホールで開かれ、第1部では北海道大学、横浜国立大学、東海大学、工学院大学、東京大学などの学部生、大学院生による代官山をフィールドとする調査・研究発表がありました。

 本学からは昨年に引続き、田原裕子経済学部教授ゼミ2年生チームが「代官山エリアの回遊性に関する研究2 ラフェンテ代官山を起点に」を発表しました。

青葉雅楽会による演奏 インターミッションでは、本学の青葉雅楽会が雅楽および楽器の説明と演奏を披露し、地域の方々から盛んな拍手が贈られました。

 第2部特別講演後の意見交換会では、街づくりの「今」「これから」の調査・研究のために、地域の自然環境や歴史を知ることの大切さも語られました。

イベント(学外者開放型)