オープンカレッジ修了証授与式

記事のみ印刷 全画面印刷

あいさつする小川委員長 本学のオープンカレッジは、國學院大學の伝統と実績に基づく学問を、年齢・学歴を問わず、すべての人々に開放しています。今年度は55講座を開講し、のべ1900人を超える方々に“学びの場” を提供してきました。 オープンカレッジの各講座は、それぞれにオープンカレッジ独自の単位を設けていて、累計単位が32単位になった時点で、「國學院大學オープンカレッジ修了証」を授与しています。

 本日は、午後1時30分から渋谷キャンパスの若木タワー18階有栖川宮記念ホールで、オープンカレッジ修了書授与式が行われました。今年度の所定の単位を満たした修了生は28人。本日はそのうち出席した12人に修了証が授与されました。

修了証を授与 公開講座委員長の小川直之文学部教授は、大正10年から始まった「源氏物語全講会」、昭和4年から始まった「万葉集夏期講座」から本学の公開講座が始まっていることに触れ「國學院大學のオープンカレッジは、約100年の歴史をもっている。今後も多くの講座に参加してほしい」と祝辞を述べました。その後修了生一人ひとりに小川委員長から修了証が授与されました。

 現在、エクステンションセンターでは、4月に開講する来年度のオープンカレッジの申込受付中です。詳しくはオープンカレッジのページでご確認ください。

イベント(学外者開放型)