A日程入試(初日)@渋谷

記事のみ印刷 全画面印刷

A日程入試初日_渋谷会場 本日から3日間、A日程(全国統一)入学試験が渋谷、たまプラーザの両キャンパスのほか、全国9会場で行われます。

 本日は3教科型入学試験。全国9会場で昨年よりも1,000人多い、約6,700人が受験。
 渋谷キャンパスでは文学部(日本文学科・外国語文化学科)、経済学部、法学部、神道文化学部の入学試験が、たまプラーザキャンパスでは文学部(中国文学科、史学科、哲学科)、人間開発学部の入学試験が行われました。キャンパスに入った受験生は、先ず掲示で試験教室を確認してからそれぞれの試験場に向かいます。

A日程入試初日_渋谷会場カウンター 試験監督が試験問題の受け取り、解答用紙の受け渡しを行う「カウンター」は、渋谷キャンパス試験会場として過去最高の73試験室で受験生約4,500人分を対応することもあり、設置した部屋一杯にカウンター用の机を配列。入学試験が澱みなく進められるように態勢を整えていました。

A日程入試初日_渋谷会場試験終了 1限目の外国語から始まった試験は、午後3時半に全て終了。各教室から続々と退室する受験生たちは、教職員による誘導に従いながら帰路につきました。また今年度も都営バスの協力で、正門前から渋谷駅までの直行バス約10台が手配され、多数の受験生が利用していました。

 明日はA日程2日目。本日と同じ全国9会場で、3教科の得意科目重視型試験が行われます。

イベント(学外者開放型)