特別展「火焔型土器のデザインと機能 Jomonesque Japan 2016」ミュージアムトーク

記事のみ印刷 全画面印刷

ミュージアムトーク_小熊博史館長 本日午後1時30分から渋谷キャンパスの國學院大學博物館のホールで、特別展「火焔型土器のデザインと機能 Jomonesque Japan 2016」ミュージアムトークが開催されました。
 本日は長岡市立科学博物館・馬高縄文館両館の館長である小熊博史氏によるトークでした。用意した座席を悠に超える、212名の参加者がありました。

ミュージアムトーク_小熊博史館長 小熊館長からは「越後長岡・火焔土器の話~最近の話題から~」と題して、近藤勘治郎・篤三郎親子による火焔土器発見の経緯にはじまり、名称の由来、美術品から見た火焔型土器など、8つのテーマで約1時間のトークとなりました。
 満員の参加者たちは、細かくメモと取るなどそれぞれ熱心に記録していました。

ミュージアムトーク_特別展見学 トークが終わると、熱い拍手が送られるとともに、大人数のため展示の前での解説が出来なかったこともあり、小熊館長に直接質問する参加者が後を絶ちませんでした。
 また多くの参加者はそのまま展示会場に足を運び、改めて躍動的な火焔型土器等の展示をつぶさに観察していました。

 盛況の本特別展示ですが、最終日は来週日曜日の2月5日です。会期も10日間を切っておりますので、まだご覧になられていない方は是非ご来館ください。

イベント(学外者開放型)