ホームカミングデー@渋谷

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日渋谷・たまプラーザキャンパスでは、ホームカミングデーが開催されました。受付開始した午前11時から多くの院友・ご家族の方々が母校に帰ってきてくださいました。

開会セレモニー・特別トーク

赤井学長  午後1時から120周年記念2号館2104教室で、開会セレモニーが行われ、赤井益久学長が登壇。「学生の就職率94.7%」など数字から本学の現状を分かりやすく、「國學院大學の今」を紹介しました。

 引き続き特別トーク「戦国武将の男気と色気~光秀と秀次~」が行なわれ、院友で作家の岩下尚史氏と矢部健太郎教授、司会進行に肥土貴美男NHKアナウンサーとゲストの新納慎也氏の4人が登壇。『関白秀次の切腹』を上梓しNHK大河ドラマ「真田丸」の構成に参考にされた矢部教授、同番組で光秀訳を演じた岩下客員教授、秀次役を演じた新納氏で収録の舞台裏などを交えつつ、戦国時代に生きた2人の武将について語りました。

サロントーク&コンサート

best partnerの2人 ホームカミングデーに毎年出演している院友アコースティックデュオ「BestPartner」が今年度はサロントーク&コンサートを担当。コンサート終了後には来場者との握手会も行われました。

ミュージアムトーク・図書館展示解説

ミュージアムトークの様子 本学博物館で本日からはじまった企画展 「祭礼行列-渡る神と人-」に伴い、大東敬明准教授によるミュージアムトークが行われました。大東准教授は、今日行われている祭礼行列のスライドを用いながら解説を加えました。

図書館展示解説 同じく学術メディアセンター2階の図書館では展示解説が行われました。光秀や秀次が生きた織豊期の資料が中心に公開されており、貴重資料を間近に見ることができる稀有な機会となりました。

院友会支部物産展

物産展の様子  若木タワー前のスペースでは、院友会各支部の協力により、全国各地の特産品を販売。選りすぐりの商品が並びました。

ジャンボかるたde豪華商品

白熱したかるた大会 130執念記念5号館多目的室では、大学創立130周年を記念して制作した「國學院かるた」を使ったかるた大会を開催。豪華商品をめがけて戦いが繰り広げられました。

卒業生オリジナル企画

吹奏楽の演奏 吹奏楽部OBによるミニコンサートのほか、カルア・カマアイナス演奏会、パントマイムショーなど卒業生オリジナル企画が多数行われ、ホームカミングデーに花を添えていただきました。

箱根駅伝報告会

箱根駅伝報告会 東京都立川市で開催された第93回箱根駅伝予選会の報告会が午後3時30分から3号館の前で行われました。予選会8位で本選へ出場を決めた、陸上競技部の前田康弘監督と予選会に出場した選手12人が登壇しました。前田監督は「総合8位という結果に満足しておらず、課題が山積みのレースだったと分析している。この結果をしっかり受け止め、1月の本選ではシード権獲得を目指して勝負していきたい」と話しました。

 その後、選手がひとりずつ自己紹介と応援に対する感謝の言葉を述べ、坂本真佐人応援の会会長からの激励の言葉と、応援団のエールを受けました。

サンセット懇親会

サンセット懇親会 ご卒業から5年目10年目と節目を迎えた院友の方々向けに節目懇親会を開催。元シンフォニークルーズ総料理長で本学メモリアルレストランチーフの山下俊一郎氏が、院友各支部から提供された地元食材を使って腕を振るいます。若木タワー最上階で景色で、除々に沈む夕日を眺めながら、豪勢な食事と、同級生との再会を楽しんでいました。

イベント(学外者開放型)