経済学部開設50周年記念企画 連続講演会「地方創生」(第1回)

記事のみ印刷 全画面印刷

尾近学部長の挨拶 本年度経済学部が開設50周年を迎えたことを記念して連続講演会「地方創生」が今日から来年1月にかけて3回開催されます。今日は、午後2時から渋谷キャンパス学術メディアセンター常磐松ホールで第1回目の講演会が行われました。講演に先立ち、挨拶に立った尾近裕幸経済学部長・教授は、経済学部の歩みを紹介した上で、今回のテーマが「地方創生」としたことに触れ「東京から地方を、地方から東京を考える機会にできれば」と講演会への期待を述べました。

講演する川勝知事 本日は、川勝平太静岡県知事を講師に迎え、「富国有徳の理想郷『ふじのくに』づくりージャパニーズ・ドリームの実現ー」と題してご講演いただきました。会場には学生や卒業生、教職員など約200人が集まり、熱心に川勝知事の講演に耳を傾けていました。

 連続講演会は、11月5日(土)に米沢則寿帯広市長、来年1月21日(土)に増田寛也野村総合研究所顧問による講演を予定しています。それぞれの聴講の申し込みは下記ホームページをご参照ください。

イベント(学外者開放型)