第4回大学存続のための職員の課題「キャンパスの魅力化と財務強化」

記事のみ印刷 全画面印刷

第4回大学存続のための職員の課題「キャンパスの魅力化と財務強化」 本日午後1時から渋谷キャンパス学術メディアセンターの常磐松ホールで、第4回大学存続のための職員の課題「キャンパスの魅力化と財務強化」が開催されました。
 これは特定非営利活動法人大学職員サポートセンターが主催したセミナーで、18の学校法人・大学そして大学職員サポートセンターから約30名が参加しました。

 本日のセミナーは2本の講演を実施。はじめに日本私立大学協会附属私学高等教育研究所主幹・学校法人就実学園理事長・大学職員サポートセンター理事の西井泰彦講師による「私立大学の財務強化と新会計制度の活用」。

 30分の休憩は挟んだ後、学校法人國學院大學常務理事・評議員の佐栁正三講師による講演「教育・学習環境の整備~國學院大學渋谷キャンパス再開発の計画と実行~」(学校法人の実践的経営改革)が行われました。
 講演を担当した佐栁常務理事からは、本学の改革に向けた背景、渋谷キャンパス再開発事業後の改革、具体的な事例について説明があり、その上でフルタイムとして勤務している職員の力が大学運営に重要であることを力説されました。

 講演終了後質疑応答となり、参加者からは熱心な質問が続き、今回のセミナーの重要性が伺えました。

 最後に渋谷キャンパスの見学を行い、今回のセミナーは終了となりました。

イベント(学外者開放型)