“「経済成長」依存社会の直し方”第2回脱成長シンポジウム

記事のみ印刷 全画面印刷

“「経済成長」依存社会の直し方”第2回脱成長シンポジウム_白井和宏氏による論点整理 本日午後1時から、渋谷キャンパス130周年記念5号館5201教室で、「“「経済成長」依存社会の直し方”第2回脱成長シンポジウム」が開催されました。

 このシンポジウムは本学大学院特定課題研究グループの他、脱成長シンポジウム実行委員会・渋谷環境と文化の会が主催して催されたもので、座席数200を超える教室は満員になっていました。

 本学経済学部の古沢広祐教授の主催者側挨拶の後、映画「都市を耕す エディブル・シティ」(2014年/米国/56分 原題: Edible City 監督: アンドリュー・ハッセ)の上映。
 映画鑑賞後、論点整理、問題提起、基調レクチャー、4団体による地域での取り組み報告、そしてワークショップを通じて、食や農業の在り方、経済成長とは何か、その根本を考えるシンポジウムとなっていました。

 写真は論点整理、市民セクター政策機構専務理事の白井和宏氏による「世界的な耕地の荒廃と食糧危機」です。

イベント(学外者開放型)