第24回 萬葉の花の会

記事のみ印刷 全画面印刷

講演する加藤教授 本日午前9時40分から、たまプラーザキャンパス講堂にて第24会萬葉の花の会が開催され、約250人の会員が参加しました。同会は本学元教授、故櫻井満博士の遺志を引き継いだ本学教職員が立ち上げた会で今年で24回目。来年は25周年を迎えます。

 

講演する湯浅氏 午前は、「サルの物語」と題し、本学人間開発学部の加藤季夫教授が、「万葉の謎の秋の植物」と題し、一般財団法人進化生物学研究所理事長兼所長の湯浅浩史氏がそれぞれ講演を行いました。昼休みを挟み午後の部として、同会会長の辰巳正明本学名誉教授が「子夜四時歌ー万葉集の花の恋ー」と題し講演しました。

イベント(学外者開放型)