自由研究会@万葉エコBeeプロジェクト

記事のみ印刷 全画面印刷

防護ケースに入った巣枠とミツバチを見学する児童 本日午後2時から、たまプラーザキャンパス407教室で万葉エコBee主催の自由研究会が開催され、小学生とその保護者約30人が参加しました。

紙芝居を使って蜂の生態について説明する万葉エコBee所属学生 このイベントは、毎年、万葉エコBeeの主催するミツバチの見学会において、自身の自由研究の題材として扱う小学生が多いことから、普段の見学より更に深くミツバチの生態を知るために企画したものです。

蜂蜜の試食をする児童 本日は、ミツバチがどのように花の蜜や花粉を採取してくるのかや、どうやって女王蜂が生まれるのかなどを紙芝居を使って学生が説明をしました。後半では市販の蜂蜜と万葉エコBeeが採取した蜂蜜との食べ比べや、六角形の巣秘密などを探るワークショップも行われました。

イベント(学外者開放型)