公開古典講座(1日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

大久保一男名誉教授 本日から本学と院友会主催の公開古典講座が始まりました。

 渋谷キャンパス常磐松ホールで午前9時30分から始まった午前の部は、源氏物語の講座です。テーマは「『横笛』を読む」。今日は、今年3月に退職され、4月に名誉教授になられた大久保一男本学名誉教授が担当し、約3時間にわたり、「講読1 同じところを君もたづねよ」と題した講義を行い、参加者は熱心に耳を傾けていました。

 

上野誠奈良大学教授 午後の部は、萬葉集の講座です。「『巻十』を読む」がテーマで、初日にあたる今日は、上野誠奈良大学教授(昭59卒・92期文、昭61修・94期博前文、平2修・98期博後文)が「万葉びとの稲刈り―巻十の世界ー」「香具山と時間の発見ー巻十からー」と2コマ通した講演を午後1時10分から2コマ通して行い、約300人が参加しました。

 公開古典講座は7月24日(日)まで行われます。

イベント(学外者開放型)