國學院大學博物館 企画展 「中世の古文書をよむ」開幕

記事のみ印刷 全画面印刷

企画展の様子 國學院大學博物館の企画展 「中世の古文書をよむ」が本日開幕しました。会期は4月17日(日)までです。今回の企画展では、本学所蔵の重要文化財「久我家文書」を中心に、吉田家文書など、史料的価値が高く、内容的にも興味深いものを約30点紹介しています。重要文化財の「久我家文書」がまとまって公開されるのは20年ぶりです。

  今日はあいにくの雨で、午前中の出足はまばらでしたが、来場者は熱心に時代を切り開いた先人たちの足跡を語る古文書を鑑賞していました。

イベント(学外者開放型)