A日程入試(初日)@渋谷

記事のみ印刷 全画面印刷

 本日から3日間、A日程(全国統一)入試が渋谷、たまプラーザの両キャンパスのほか、全国7会場で行われます。

 本日は3教科型入学試験。全国9会場で約5,700人が受験。渋谷キャンパスでは文学部(日本文学科・外国語文化学科)、経済学部、法学部、神道文化学部の試験が、横浜たまプラーザキャンパスでは文学部(中国文学科、史学科、哲学科)と人間開発学部の試験が行われました。キャンパスに入った受験生は、先ず掲示で試験教室を確認してから試験場に向かいます。

 

試験開始前の試験監督 一方、試験開始前の監督控室では、試験実施にあたって注意や確認事項が通達されます。集まった監督者も受験生と同じく真剣眼差しで書類に目を通した後、試験問題を手に各試験会場へ向かいました。

 

 1限目の外国語から始まった試験は、午後3時半には全て終了。各教室から続々と退室する受験生たちは、職員による誘導に従いながら帰路につきました。また今年度も都営バスの協力で、正門前から渋谷駅までの直行バスが手配され、多数の受験生が利用していました。明日はA日程2日目。本日と同じ全国9会場で、3教科の得意科目重視型試験が行われます。

イベント(学外者開放型)