経営学科開設10周年記念講演会・懇親会

記事のみ印刷 全画面印刷

経営学科開設10周年記念_小宮山社長講演会 本日午後3時から渋谷キャンパス学術メディアセンターの常磐松ホールで、経営学科開設10周年記念講演会が開催され、株式会社銀座ルノアール代表取締役社長の小宮山誠氏(105期経済学部、平成9年卒)が講演しました。

 小宮山社長は自己紹介をしながら、ご自身のバックボーンについて語り、その中で学生時代に得てきた4つの体験に触れました。

経営学科開設10周年記念_小宮山社長講演会 その4つの体験は、柔術やサッカーを通して養った武道精神、経営観念としての数字強化、20年前からまだ普及の低かったPCに積極的挑戦、アルバイトを通じて社会の認知。その上で好奇心を広げ、多くの培った知識・経験から経営者としての業務改革・革新的思考が生まれていったとのこと。
 また、ご自身の失敗談も触れながら、これまでの実績について詳細に語って頂きました。

 講演の最後には参加している学生たちに、主体性とチャレンジ精神を持った、社会に貢献できる人物になってほしい、と熱いメッセージを送られました。

 その後質疑応答では他学部も含めた5人の学生から経営に関してや在学時代についての質問を受け、講演会終了に当たり150名を超える来場者から熱い拍手で講演会は閉会となりました。

小宮山社長からチケット配付 閉会後会場外では小見山社長直々に、来場者にルノアール系店舗のサービスチケットが手渡されました。
 在学生たちは、ここからも小宮山社長の経営スタンスを感じたことでしょう。

 

 

経営学科開設10周年記念懇親会_尾近裕幸学部長挨拶 午後5時からは若木タワーの有栖川宮記念ホールに会場を移し、経営学科開設10周年記念の懇親会となりました。
 はじめに尾近裕幸経済学部長の挨拶があり、引き続き来賓として大久保桂子副学長・文学部教授と大塚勤院友経済会長(74期政経学部)から挨拶、そして経営学科開設に尽力された紺井博則経済学部教授の乾杯の発声で、懇親会がはじまりました。

経営学科開設10周年記念懇親会 在学生、卒業生、教職員が学科開設記念の会に集い、懇親を深めていました。

イベント(学外者開放型)