平成28年 新年院友交歓会

記事のみ印刷 全画面印刷

吉田会長挨拶 國學院大學院友会恒例の「平成28年新年院友交歓会」が、午後5時から院友会館大ホールで、約150人の院友らが出席して開かれました。

 交歓会は国歌斉唱のあと、吉田茂穂会長は「昨年は、学術・スポーツで大学と附属校が成果を挙げた。昨年以上に後輩たちが確約することを期待して待ちたい」と挨拶。引き続き赤井益久学長が来賓として「大学は健全に発展している。教職員全員が、『國學院ブランドの確立と強化』に取り組んでいく」と祝辞を述べました。このあと、舞台上では坂口吉一理事長、赤井学長、高島佳代子若木育成会長、吉田会長の4人が「よいしょ」のかけ声で明治神宮寄贈の樽酒の鏡開きが行われ、続いて坂口理事長の乾杯の発声でそのまま懇談に移りました。

懇談の様子 懇談の途中では、院友会がスポーツ振興基金を贈呈している本学の硬式野球部、陸上競技部、柔道部の強化3部会の報告会が行われ、各部会の指導者や主将らが登壇し活動の成果を披露しました。

 院友のかっぽれの披露や、正月の高校サッカーで準優勝に輝いた國學院大學久我山中学高等学校の今井寛人校長の挨拶に続き、後半は落語家の三遊亭遊吉師匠(昭57年卒・90期文2)の進行で、協賛団体から提供された豪華景品の福引き大会が行われ、会場は大いに盛り上がりました。最後は出席者一同で、国大小唄と校歌を斉唱し、中締めとなりました。

イベント(学外者開放型)