国史学会1月例会

記事のみ印刷 全画面印刷

国史学会 本日午後1時30分から、渋谷キャンパス3401教室にて、国史学会の1月例会が開催され、西村健太郎氏の「平安中後期における内外階制の実態とその特質」、山田兼一郎氏の「禁苑と都城の防衛機能 -唐律からみた門籍制- 」の研究発表がありました。

イベント(学外者開放型)