國學院大學中國學會210回例会

記事のみ印刷 全画面印刷

研究発表のようす 本日午後2時から、渋谷キャンパス120周年記念1号館1202教室で、中国学会第210回例会が行なわれました。

 前半は、本学准教授・宮内克浩氏が『後漢・朱穆「与劉伯宗絶交詩」について』と題して、後半は、本学教授・浅野春二氏が『周思得修集「上清靈寶濟度大成金書」に見る儀礼節次について』と題して、それぞれ研究発表を行いました。

イベント(学外者開放型)