國學院大學博物館資料レプリカ外部展示@天童市西沼田遺跡公園

記事のみ印刷 全画面印刷

設置風景 國學院大學博物館では、本学所蔵の貴重資料のレプリカを作成し、外部に貸し出しを行っています。昨日からは山形県天童市にある天童市西沼田遺跡公園に銅鐸と挙手人面土器を貸し出していて、来年2月16日(火)まで同館エントランスホールで展示されます。本日は、本学職員らがレプリカを持って訪問し、早速展示ケース内に設置されました。

公園内の様子 天童市西沼田遺跡公園は、昭和60年の県営圃場整備事業に伴う発掘調査により、6世紀を中心とする古墳時代後期の農村集落遺跡であることが確認され、昭和 62年に国史跡として指定を受けています。設置終了後には、復元住居の内部環境維持 のため毎日ボランティアの方が行っている炭火燻蒸や、古墳時代の復元された機織り機の実演を見学しました。

イベント(学外者開放型)