狂言鑑賞会(2日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

山本東次郎氏 昨日に引き続き、午後1時から605教室特設舞台で狂言鑑賞会が開催されました。

 本日最初の演目は、狂言「鬼瓦」。シテ(大名)を山本則俊氏が、アド(太郎冠者)を若松隆氏が演じました。都に出てきた大名が、鬼瓦を見て妻の顔を思い出すという内容です。

 続いて山本則俊氏の語「野宮」、シテ(太郎冠者)を山本則孝氏が、アド(主)を山本凜太郎氏が、アド(何某)氏が演じる、山本秦太郎狂言「縄綯」が上演されました。 
 
 最後の番組は、狂言「惣八」。本学卒業生で人間国宝の山本東次郎氏演じる出家僧で元料理人と、山本則俊氏演じる料理人になった元僧侶が仕事を取り替えるという内容で、両者のテンポよい掛け合いに、会場に笑いが起こっていました。

最後の山本東次郎氏による仕舞 番組終了後には、毎回恒例となった山本東次郎氏によるお話と仕舞の披露があり、2日間の鑑賞会は千秋楽を迎えました

イベント(学外者開放型)