渋谷学研究会ワークショップ「渋谷の記憶を辿る~常磐松界隈を歩く~」

記事のみ印刷 全画面印刷

渋谷学研究会ワークショップ「渋谷の記憶を辿る」_ハチ公像の解説 本日午後1時30分から、平成27年度渋谷学研究会ワークショップ「渋谷の記憶を辿る~常磐松界隈を歩く~」が催されました。
 これは、國學院大學博物館・企画展(会期:8月22日~9月30日)に関連して、渋谷学研究会のワークショップとして企画したものです。

 ハチ公像の前で集合した30名の参加者は、最初にそのハチ公像の解説を受け、出発。
 その後、尾崎豊歌碑、金王八幡宮、渋谷氷川神社土俵と境内、常盤松の碑、そして白根記念渋谷区郷土博物館・文学館を巡りました。

渋谷学研究会ワークショップ「渋谷の記憶を辿る」_渋谷氷川神社土俵 各場所で本学文学部准教授の飯倉義之先生や、白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の服部比呂美学芸員の説明を受け、更に渋谷の見識を深める内容となっていました。

 新たな渋谷を知り、明日から渋谷の街の見え方も少し変わるかもしれません。

イベント(学外者開放型)