球技場開放@たまプラーザキャンパス

記事のみ印刷 全画面印刷

たまプラーザキャンパス球技場、自由開放 本日は「國學院大學横浜たまプラーザキャンパス 第1回地域交流スポーツフェスティバル」を予定していましたが、昨日からの天候の不具合で、昨日には本学ホームページ上に各イベントの中止のお知らせを掲載していました。
 ただ天気予報でも当日の午後からの天気の回復が見込まれるとのことで、球技場の自由開放を告知。

たまプラーザキャンパス野球場、交流試合 天気予報通り、本日は朝から降雨でしたが、自由開放の時間の正午が近づくにつれ天気は回復。
 正午からは陽射しが出て、青空が覗くほど天気は良好になり、人工芝の球技場には100人程の家族連れが、日頃大学生が使用しているグラウンドで各々の競技や遊戯を楽しんでいました。

 また、野球場では地域の野球チーム「宮元UFO」と、本学人間開発学部健康体育学科2年生の有志チームによる、軟式野球の交流試合も行われました。

 晩秋の穏やかな気候の中、遊戯を楽しみ方も、見学の方も、和やかな時間を過ごしていました。

イベント(学外者開放型)