全日本大学駅伝@8区

記事のみ印刷 全画面印刷

ゴール直前でスパートする瀬川選手 最終8区は全区間で最も長い19.7kmを走ります。この区は前半にほぼフラットな道が続いたあと、ゴール手間からだらだらとした上り坂が続く特徴的なコースです。アンカーをつとめた瀬川大貴君(法4)は、受け取った襷を胸に総合15位でゴールテープを切りました。

イベント(学外者開放型)

部会・サークル