平成27年度客員教授水曜講座(後期)

記事のみ印刷 全画面印刷

嵐山客員巨樹 平成27年度客員教授水曜講座が本日午後2時30分から渋谷キャンパス130周年記念5号館5301教室で開講され、作家の嵐山光三郎客員教授が講演を行いました。今回は、「芭蕉という修羅」がテーマ。「古池や蛙飛び込む池の音」の蛙は何匹かという疑問に始まった講義は、伊賀上野出身の芭蕉の生い立ちや周囲の人物関係に触れ、故郷の藤堂家や将軍家との関係や、藤堂家が関係した江戸の治水に芭蕉が関わったエピソードなど話題が広がっていました。

イベント(学外者開放型)