公開古典講座(2日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

菊地東洋大学教授の講義 本学と院友会主催で、昨日から渋谷キャンパス常磐松ホールで行われている公開古典講座。本日2日目を迎えました。今日は、午前の萬葉集、午後の源氏物語ともに講義が2つ行われます。午前9時30分から始まった「萬葉集」では、「伝説歌の世界 ― 水江浦嶋子の歌―」(担当:城﨑陽子本学兼任講師)、「筑波山に登る歌」(担当:菊地義裕東洋大学教授=写真右)の2つの講義に150人を超える受講生が熱心に耳を傾けていました。

林田氏の講義 午後の源氏物語は、「贈答歌がひらくもの」(担当:豊島秀範本学文学部教授)と「薫の五十日の祝い」(担当:林田孝和國學院大學栃木短期大学特任教授=写真左)の2題です。こちらも外の暑さに負けず熱気のこもった講義となりました。

イベント(学外者開放型)