國學院大學院友神職会東京支部総会

記事のみ印刷 全画面印刷

感謝状贈呈 本日午後5時から渋谷キャンパスで國學院大學院友神職会東京支部(会長:大鳥居信史神田神社宮司)の総会・講演会・懇談会が開かれました。総会では、国歌斉唱に続き、大鳥居会長と赤井益久本学学長があいさつ。赤井学長は、日ごろの本学への支援に対し感謝の言葉が述べられました。

 その後、昨年度同会から本学へ寄贈されました装束類一式に関して、目録が大鳥居会長から赤井学長に、赤井学長からは寄贈に対する感謝状が大鳥居会長に贈られました。

 総会は、前年度の決算報告・事業報告が行われ終了しました。つづく講演は、高野裕基本学研究開発推進機構助教が「河野省三の学問と神社奉仕ー一神職の言説からみる神職の修養ー」をテーマに担当しました。

寄贈された装束類一式 総会終了後、若木タワー18階有栖川宮記念ホールで懇親会が催されました。会場には同会から寄贈されました装束類一式が展示されていました。

イベント(学外者開放型)