七夕@たまプラーザ

記事のみ印刷 全画面印刷

職員によって設営される七夕飾り 本日7月7日は、五節句の一つに数えられる七夕です。本学たまプラーザキャンパス(横浜市青葉区)の中庭で、高さ15mを超す大竹を中心に3本の竹を束ねた巨大な七夕飾りが完成しました。

 この日のために準備された竹は合計3本。昨日まで飾り付けのために横たわっていた竹は、職員らの手によってキャンパス中庭に集められ、一本の巨大な七夕飾りへと姿を変えました。笹飾りには在学生や地域住民らの願いを込めた色とりどりの短冊が取り付けられています。それぞれの願いが書かれた短冊は、風に吹かれながら天に向かってその願いを叶えようと泳いでいるようにさえ見えました。

 



風になびく短冊 たまプラーザキャンパスでこの七夕飾りがみられるのは明日(7月8日)の夕方まで。管理するたま事務課では、本日までは地域住民も含めて短冊の取り付けを中庭にて実施しているので、是非立ち寄って欲しいと呼び掛けている。

イベント(学外者開放型)