伝承文化学会第14回大会

記事のみ印刷 全画面印刷

伝承文化学会第14回大会_松田采菜さんの研究発表「蜘蛛の俗信伝承」 本日午後1時から、渋谷キャンパス120周年記念1号館1102教室で、伝承文化学会第14回大会が開催され、30名を超える研究者・学生が参加しました。

 飯倉義之文学部准教授の開会の辞の後、早速3本の研究発表。その後、佐々木美智子本学文学部兼任講師「近代化・民俗・ヒト」、花部英雄本学文学部教授「西行の昔話の形成」の2本の講演が行われました。
 写真は本学大学院博士課程前期、松田采菜さんの研究発表「蜘蛛の俗信伝承」の様子です。

イベント(学外者開放型)