「人・社・祭―文化風土の記録」上映会・講演会

記事のみ印刷 全画面印刷

古川祭の様子を見る参加者 本日午後2時から午後4時30分まで、渋谷キャンパス120周年記念2号館1階2104教室で、本学の環境教育研究プロジェクトとポーラ伝統文化振興財団共催の「人・社・祭―文化風土の記録」上映会・講演会が行われました。今年度第1回目となる本日は、特集「風景を読む」というテーマで、廣瀬俊介氏(ランドスケープデザイナー 風土京成事務所主宰)が「風景の生態学ー飛騨古川の実証研究の例からー」というテーマで講演を行いました。 

 その後の映画上映では、岐阜県の「飛騨 古川祭ー起きし太鼓が響く夜」(1992年ポーラ伝統文化振興財団制作)が上映されました。

 今後は7月4日(土)、11月21日(土)にも映画上映会・講演会が予定されています。

イベント(学外者開放型)