相互貸借特集展示「ともし火の系譜」(西南学院大学博物館資料)

記事のみ印刷 全画面印刷

西南学院大学所蔵資料11点を展示 國學院大學博物館では、4月20日から9月4日(金)まで、相互貸借特集展示2(西南学院大学博物館所蔵資料)「ともし火の系譜-古代ランプからユダヤの祭具-」が開催されています。今回の展示では、西南学院大学博物館から賃借した資料を展示。本学博物館と西南学院大学博物館で平成26年7月に締結した「研究協力に関する協定」により、両館の収蔵品を活用した領域横断的な研究・教育事業が可能となっています。

 イスラエルを中心に発掘された古代ランプ7点と、ユダヤ教の祭具である燭台4点が紹介されています。時代によってかたちを変えるランプの様子や、日本からほど遠いイスラエルで発展したユダヤ教の文化を見取れます。キリスト教を建学の精神とし、ユダヤ教関係の資料を多く所蔵している西南学院大学を資料を本学の渋谷キャンパスで見ることのできる機会です。

イベント(学外者開放型)