院友若手教員教員採用試験合格者交流会

記事のみ印刷 全画面印刷

あいさつをする赤井学長 午後6時30分から、院友会館大会議室で、「平成26年度の院友若手教員・教員採用試験合格者交流会」が行われました。本学を卒業し、教職に従事する院友若手教員と教員採用試験合格者、既卒・新卒合わせて18人が出席しました。

 冒頭に、田嶋一教職センター長・文学部教授、赤井益久学長から、挨拶が述べられ、田嶋センター長は合格者に祝意を表した後、「卒業生の教員のネットワークを強めて、学生たちのサポートをしてほしい」と、赤井学長は「教職センターが発足して3年目。形が整い成果が出てきた。國學院魂で活躍をしてほしい」とメッセージを送りました。その後、教員採用試験対策支援行使の加藤直道氏の発声で乾杯へと移りました。

若手教員のあいさつ 乾杯の後には、今年度教員採用試験に合格した学生・卒業生の紹介があり、学生合格者を代表して竹内旭君(日文4)は、「教員として國學院の心をつないでいきたい」と新しい社会に飛び立つ決意を口にしました。その後、院友若手教員の自己紹介の時間もあり、それぞれに学校での仕事の様子や、母校への思い、後輩たちへのアドバイスを熱心に語りました。その後の懇談では、久しぶりに会う恩師や先輩後輩、同級生との交流が深められていました。

 最後に全員で校歌斉唱し、佐藤美穂本学客員教授・院友会理事の閉会のあいさつでお開きとなりました。

イベント(学外者開放型)