全日本卓球選手権大会

記事のみ印刷 全画面印刷

試合開始前の会場 昨日から東京体育館で「平成26年度全日本卓球選手権大会」が始まりました。今年度は現役学生7人(神奈川・千葉・長野・香川)、卒業生4人(秋田・神奈川・群馬)が各種目(男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルス)に都道府県の代表選手として出場します。

 本日は混合ダブルス1回戦、ジュニア男子シングルス1回戦、ジュニア女子シングルス1回戦の試合が行われ、宮城雄次君(法1)、松本理沙さん(日文1)組が3回戦まで進出しました(ベスト32)。

 世代を問わず「日本一」を争うこの大会。明日以降も、出場選手の健闘が期待されます。

イベント(学外者開放型)