国文学会1月例会

記事のみ印刷 全画面印刷

研究発表の様子 本日午後1時30分から、渋谷キャンパス3号館3304教室で、国文学会1月例会が行われました。

 大学院生・三浦穂高氏の『中島敦「わが西遊記」論―後日譚としての「悟浄歎異」の姿―』、兼任講師・石井佑佳氏の『横光利一「兄妹行進曲」における<制度>への視線』の2本の研究発表が行われました。本日が2015年に入ってから初めての開催となりました。

イベント(学外者開放型)