陸上競技部箱根駅伝報告会

記事のみ印刷 全画面印刷

陸上競技部の監督・コーチ・選手 本日午後6時30分から、渋谷キャンパス若木タワー18階の有栖川宮記念ホールで、今月2日、3日に行われた第90回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)に出場した陸上競技部の報告会が行われました。会場には、陸上競技部の監督・コーチ・選手・マネージャーをはじめ、沿道で応援をした部会学生や応援ボランティアに参加した学生、院友、教職員が多数集まりました。

襷を手にあいさつをする前田監督  駅伝応援の会の玉井浩二会長、今井勝利陸上競技部OB会会長、白川博一大学事務局長、吉田茂穂國學院大學院友会会長の挨拶に続き、陸上競技部前田康弘監督が、「沿道の応援が、走った選手に勇気を与えてくれた」と応援への感謝を述べると共に、「今年も襷にいろいろ教えられた。ここがゴールではない、個の力がないと上位にはいけないと改めて思った」と本選を振り返りました。

 その後、佐野睦仁若木育成会長の乾杯の発声で懇談に移りました。会場内ではいたるところで、選手・マネージャーと学生、卒業生、教職員が交流を深め、「國學院の絆」を再確認するひと時となりました。

あいさつをする湯川君 会の後半には、区間エントリー選手が登壇し、沿道からの声援が力になったこと、シード権奪還への決意などが思い思いに語られました。10区を走った主将の湯川智史君(経営4)は、「襷をつないできた選手の思いを走り届けるのが役目だと思った。後輩たちには悔しい想いを忘れずチャレンジしてほしい」と思いを述べました。

フラッグの贈呈 また、沿道での応援に力を尽くした自動車部OB会、全学応援団、ドリル競技部シールズ、吹奏楽部などからもそれぞれコメントが寄せられたほか、12月に学生アドバイザーが呼びかけて製作した「応援メッセージフラッグ」も代表の学生アドバイザーから新主将の高橋遼太君(日文3)に手渡されました。フラッグを受け取った高橋新主将は、「来年この場でいい報告ができるよう1年間厳しく努力してたい」と決意を述べていました。

 最後は、皆での校歌斉唱と手締めで閉会となりました。次回大会は予選会をを勝ち抜いて本選出場となります。必ずや今年の悔しさを晴らし、更なる飛躍を遂げてくれることを信じています。

イベント(学外者開放型)

部会・サークル