2014年度法学会講演会(第2回)

記事のみ印刷 全画面印刷

講演の様子 本日4限(午後2時30分から午後4時まで)に、渋谷キャンパス学術メディアセンター1階常磐松ホールで、平成26年度法学会講演会が行われました。「都議会議員ってなんだろう?」テーマに、現職の都議会議員・西沢けいた氏が、東京都、議会、政治などについて1時間半にわたり講演しました。

 西沢氏は、都議会議員当選2回の35歳。講演の冒頭、東京都内には全国で6番目に多い330の島があること、予算規模は13兆円で韓国やベルギーに匹敵することなど意外と知られていない首都東京の実態を紹介しました。西沢氏は「政治とカネ」や「議会でのセクハラヤジ」などメディアをにぎわせる問題に触れつつ、「議員としてやるべきことは、選挙で選ばれた代表として市民の意見を聞き、政治に反映すること」と強調。その上で「都政は議会がチェックをする。議会のチェックは有権者・市民にしてもらいたい。ぜひ議会を見てほしい」と呼びかけていました。

 講演後の質疑応答では、学生から若者の政治参加や具体的な政策について鋭い質問も飛んでいました。

イベント(学外者開放型)