ひまわりガーデン代官山坂「ひまわり収穫」

記事のみ印刷 全画面印刷

楽しく作業を続ける経済学部の学生たち 東急東横線代官山駅近くにある「ひまわりガーデン代官山坂」。ひまわりも咲き終え、本日は種の収穫および刈り取り作業を行いました。

 午後3時には、地元住民、近くにあるENEOS代官山のスタッフ、本学経済学部の秦信行教授・田原裕子教授とゼミ生が集まりました。

茎の撤去作業を行う参加者 担当責任者の方から作業手順について説明を受け、早速作業に取り掛かりました。その後、状態の良い種が詰まっている花を選び、剪定ばさみで切り取りました。花が切り取られたひまわりは、根元から茎が引き抜かれ、土が振い落とされました。ひまわりガーデンに植えられたひまわりは約500本。ひとつひとつ刈り取る作業は一苦労でしたが、楽しく会話をしながら手際よく作業を続けていました。

大きく成長したひまわりの種 これで今年度のひまわりガーデン代官山坂は終了しました。本日収穫した種は、本学たまプラーザキャンパスで育ったひまわりの種と混ぜた上で、来年の5月には、ひまわりガーデン代官山坂に蒔かれる予定です。

イベント(学外者開放型)

周辺探訪