文学部講演会

記事のみ印刷 全画面印刷

浅岡教授の講演 本日午後3時から渋谷キャンパス若木タワー会議室02で文学部講演会が開かれました。今日の講演会は、中京大学の浅岡邦雄教授を講師に招き「奥付の意味ー近代の書物をめぐってー」と題して行われ、日本文学科の学生らが聴講しました。

 浅岡教授によると、日本国内で出版される書籍のほとんどに奥付があるが、これは決して世界共通ではないとのこと。講演では、近代日本の出版法制史をたどりながら、奥付から何が読み取れるのかについて説いていました。

イベント(学外者開放型)