公開研究集会

記事のみ印刷 全画面印刷

 日本学術振興会の科学研究費補助に採択された松尾葦江文学部教授が研究代表を務める共同研究「「文化現象としての源平盛衰記」研究ー文芸・絵画・言語・歴史を総合してー」の一環として公開研究発表会が、本日午後1時から渋谷キャンパス120周年記念1号館1306教室で行われました。

  今日の研究集会は、4年間の共同研究の最後を締めくくる会で、松尾教授が4年間の研究を振り返った発表を行った(写真)後、4人の研究者が発表を行いました。

イベント(学外者開放型)