ミュージアムトーク

記事のみ印刷 全画面印刷

 

 本学博物館では、今年最後のミュージアムトークが午後2時から開催されました。考古学関連常設展示を対象とした「再葬墓ー死者への祈りー」について加藤里美学芸員が解説。

 縄文時代終末期から弥生時代中期、主に東日本を中心に行われていた特徴的な風習である再葬墓と、その際の副葬品と考えられる人面付土器などについて、参加者の前で語りました。

 尚、次回は平成26年1月7日(火)より開催予定の特別展「日本の信仰の源流とキリスト教」にあわせて、1月24日(金)午後3時半からミュージアムトークが予定されています。

イベント(学外者開放型)