陸上競技部箱根駅伝壮行会

記事のみ印刷 全画面印刷

 陸上競技部箱根駅伝壮行会が午後0時10分から渋谷キャンパス中庭で開催されました。12月10日に箱根駅伝の出場メンバーエントリーした16名の選手紹介や、全學應援團、ドリル競技部、吹奏楽部による応援パフォーマンスが行われました。

 始めに、赤井益久学長が挨拶に立ち、「みんなの声援で背中を押すので、箱根の風となってほしい」と選手へ激励の言葉を送りました。続いて大森俊夫陸上競技部部長・人間開発学部教授と前田康弘同部監督があいさつし、前田監督は「目標は総合5位。部員全員で戦う」と今回の目標を語りました。

 エントリーメンバー16人の紹介の後に、箱根駅伝当日には、大手町と箱根で選手たちを応援する全學應援團、ドリル競技部、吹奏楽部による応援パフォーマンスが披露されました。

 また、会場に集まった人たちには、第90回箱根駅伝出場記念陸上競技部のカレンダーとオリジナルメガホンが配られました。

応援メッセージフラッグ

 選手たちが登壇した特設舞台の両脇には、学生アドバイザーが呼びかけて募ったみなさんの熱いメッセージを書き込まれた「応援メッセージフラッグ」が立てられました。こ ちらの幟は1月2日・3日の駅伝当日、スタートとゴールに設置します。マスコミ各社による記念撮影の際には、選手たちの両脇を固める形で写真に納まっていました。

 メッセージフラッグは終了しましたが、Twitterで応援キャンペーンは引き続き実施しています。選手への応援メッセージや、箱根駅伝当日の沿道の最新情報をつぶやいてみてください。

 みなさんの声援が選手たちのパワーになります。沿道で、テレビの前で、Twitterで、ご声援のほどよろしくお願いします。

イベント(学外者開放型)