神道宗教学会学術大会(2日目)

記事のみ印刷 全画面印刷

 昨日に引き続き、神道宗教学会学術大会が渋谷キャンパスで行われていました。午前10時から午後5時まで、若木タワー5階の教室を使ってが研究発表が4つの部会に分かれて実施されました。写真は、午後2時20分から藤本頼生神道文化学部専任講師、黒崎浩行同准教授ら6人による「神道と自然災害―神社に遺された自然災害伝承からみるー」と題したパネル発表の様子です。

イベント(学外者開放型)