文化功労者顕彰式

記事のみ印刷 全画面印刷

顕彰状授与 今年度の文化功労者に選ばれた人たちへの顕彰式が、本日午前11時30分からホテルオークラ東京で行われ、歌人・日本芸術院会員の岡野弘彦本学名誉教授ら15人が出席しました。式では、国歌斉唱に続き、山中伸一文部科学省事務次官が一人一人に顕彰状を手渡しました。

 山中次官が、長年の努力に対する敬意とお祝いの言葉を述べたのに対し、岡野名誉教授が「これまでの努力が高く評価されたことはこれにすぐることはない。今回の栄誉を励みとして、一層努力を重ね、わが国が科学技術・芸術文化の創造の国として、世界の国から尊敬されるよう引き続き努力する決心です」と文化功労者を代表してあいさつしました。

 その後、全員で記念撮影。午餐会と行事が続きました。今回の文化功労者には、日本画家の上村淳之京都市立芸術大学名誉教授、生物物理学の柳田敏雄大阪大学特任教授などが選ばれています。

イベント(学外者開放型)

撮影・取材